これから自らの進む道を決める、若手医師の皆様へ
初期・後期研修、入局、見学希望の方、お気軽にお問い合わせください
教授ご挨拶
大腸がんと言われたら・・・
腫瘍外科
血管外科
東京大学外科ホームページへ

お知らせ

ロボット手術について

ロボット手術は、手術の正確さと身体への負担を減らす事を目的に、アメリカで開発された技術です。
遠隔操作により、外科医が直接臓器に触れることなく指先の動きを患者さんの身体の内部で正確に再現でき、ミリ単位の細かい手術が可能となります。
また、ロボット手術は患者さんの腹部を開かずに手術できるため、外部からの細菌の侵入を減らしたり、計測をしながら行えるので、人の手よりも正確な手術ができる事が特徴です。

ロボット手術による大腸癌・直腸癌の治療

当科ではこのロボット手術の技術を大腸癌や直腸癌の治療に応用しており、平成24年12月現在ですでに15症例行いました(日本で第3位の症例数です)。
術前放射線照射を併用した大腸癌・直腸癌手術、最先端医療であるロボット手術による治療を積極的に導入し、患者さんの生活の質(QOL)を重視した治療方針を提示します。